​皺合わせ

陽がのぼり 山は唄う

風に吹かれ 花が揺れる

ため息は 雲になり

雨はやがて 川になる

 

花瓶に咲く花よりも

川辺に咲く花が好きだから

化粧を落とした素顔を見せて

 

瞼に集う過去達を

恨んだ日もあるでしょう

目じりに増えたその皺も

愛しく思えるから

  

陽が沈み 山は眠る

雨はやがて 川を増やす

 

すかしたお顔の三日月より

まんまるお月様が好きだから

歳を重ねても素顔を見せて

 

瞼に映る理想にも

裏切られた日もあるでしょう

おでこに増えたその皺は

苦労を乗り越えてきた証

 

瞼に溢れる優しさを

きっと人は愛と呼ぶでしょう

皺くちゃな顔を合わせながら

笑い合えたら

“皺合わせ(しあわせ)”だね

No reproduction or republication without written permission.
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • SoundCloud - Black Circle